FC2ブログ
2017/12/19

週刊アスキー特別編集『2018パソコン自作特大号』を購入してきました。

今日は、週刊アスキー特別編集『2018パソコン自作特大号』を購入してきました。12月15日にでたんだそうです。偶然、近くにセブンイレブンで発見して、入手してきました。Coffee Lakeの最新のCPUで、Core i5シリーズが、6コアなのに、本を読んでわかりました。コアが、Core i3シリーズも増えてますね。4コアに増えてます。33ページの簡易水冷クーラーで、2ファン搭載の240のシリーズのほうが、よく冷えるらしいです。120シリーズで、十分かなぁと思ったっんですが、まあ、オーバークロックしませんし。高負荷時、Mercury 120で、73.3度、Mercury 240で、65.3度、Mercury 360で、64度となるようです。ファン3つだと、それほどファン2つのと変わらないようです。1個と2個では、約10度違うようですね。Mercuryって、Antecのですね。38ページに、購入したクーラーマスターのMaster Liquid Lite 120も掲載されてました。まあ、74度らしいです。OCCTで負荷をかけたそうです。OCCTは、なんか、OSから壊れそうで、回したことないですね。最近は、CPU-Zのベンチマークを使用しています。簡単にできますし。OSの負担も、それほど、かかりそうもないですから。まあ、最後のページの200台限定の4,980円には、がびーんときましたけど。Master Liquid Lite 120。6,520円だった。激安らしいです。パソコン工房の店舗で、12月16日から12月31日の大晦日までらしいですけどね。購入して読んでみると、激安の広告とか付録が付いているようです。無料ないですね。イマどきっ!Girls コレクション ふとももカレンダー週めくり 2018というの広告が異色でしょうか。アスキーらしいでしょうか。
スポンサーサイト



2009/12/16

☆☆Windows 7杯 自作PCの祭典2009 エントリー☆☆

がっちゃんだぉ♪セカンドシーズン♪

■応募部門
定格パフォーマンス部門

■エントリーマシンの構成パーツ


CPU                     Intel Core 2 Duo E8400 3GHz

マザーボード       Intel DG45ID

メモリ          CENTURY MICRO CK1GX2-D2U800/HYN 1GBx2

ビデオカード       FORCE3D F5770P-G5-390-FS

HDD                    Seagate Barracuda 7200.11 ST3320613AS 320GB

SSD                     A-DATA 300シリーズ 32GB AS391S-32GM-C

光学ドライブ       日立LG GH22NS50B-B

CPUクーラー         Thermaltake BlueOrb MiniAI

ケース          SILVERSTONE SST-SG03B

電源           TACENS VALEO Ⅱ 600

ディスプレイ       MITSUBISHI Diamondcrysta RDT1712V

上記以外のパーツ   12cmFan ainex CFY-120Px1

                           Coolink swif2-1200x1

                           aim Tube Delight Audio AS301

■使用OS              Windows 7 Home Premium(32bit版)

■ベンチマークの結果の画面ショット


■「CPU-Z1.52」の情報画面


「CPU-Z1.52」の情報画面


■Windows 7の「エクスペリエンスインデックス」の表示画面
Windows 7の「エクスペリエンスインデックス」の表示画面


■PerformanceTest V7.0 Build 1011の結果表示画面
PerformanceTest V7.0 Build 1011の結果表示画面


■「BIOHAZARD 5 ベンチマーク」の結果画面
「BIOHAZARD 5 ベンチマーク」の結果画面


■エントリーマシンの外観写真


エントリーマシンの外観写真


■エントリーマシンの内部写真


エントリーマシンの内部写真1



エントリーマシンの内部写真2



エントリーマシンの内部写真3



■説明文
ケースをSILVERSTONEのSFFケースにしました。スモールフォームファクター。小型のケースに内部写真のようにケーブルをぎゅっと押し込んで、「風の通り道があるのかぁ!」という不思議なケースですが、CPUの熱暴走もなく動作しております。また、電源は、TACENS VALEO Ⅱでセミファンレス電源で通常時は、0dbの無音動作です。前に配置してある12cmFAN2つの音しか聞こえません。とっても静かです。ビデオカードは(FORCE3Dにちょっと悪い気もしますが)あまり性能よくないですが、AMD ATI RADEON HD 5770です。Intel Core 2 Duo E8400との相性は、ばっちりみたいですね。まだまだダブルコア派です。SSDは32GBで、ちょっと容量不足気味です。64GBはほしいところですね。でも、HDDよりは静かに動作します。セミファンレス電源にはSSDが、ばっちりのような気がします。高機能と無音動作の自作パソコンでのコンセプトです。音は内臓の音源を切って、Tube Delight Audio AS301を使用して、USBオーディオでヘッドフォンを利用してます。雑音が少なくて良い音で助かってます。このごろは、静かな環境で、とっても楽になってきました。

■Windows 7を使って良かったと感じた点
Windows 7のOS単体で、いろいろな機能が追加されたのが、便利になってきました。市販のソフトやフリーソフトがいらなくなってきましたね。Microsoft Security Essentialsで無料でウイルス対策ソフトも導入できるようになり、セキュリティも簡単に構築しやすくなってきましたし。メールなどもWindows Liveなどを利用すると楽ですし。Vistaより7のほうが、扱いやすいOSになってきたようです。OS自体の容量も軽いですし、動作も軽快です。ちょっと、Vistaは重すぎたでしょうかね。どんどん使いやすいOSになってきて進化しているようです。




Windows 7杯 自作PCの祭典2009